CentOSの設定

CONTENTS

スクリーンロックの解除

初期状態だとスクリーンセーバーが起動し、勝手にスクリーンロックがかかります。

いちいちパスワードを入力するのが面倒なのでスクリーンロックを解除します。

screensaverを選択します。

Lock云々のチェックボックスのチェックを外し、Closeボタンを押します。

topへ

常にbrowser windowを使う

初期状態だとfile managerは使い勝手が悪いので、常にbrowser windowを使うことにします。

Computerのアイコンをダブルクリックします。

EditからPreferencesを選択します。

Behaviorのタブを選択し、Always云々のチェックボックスをONにし、Closeボタンを押します。

もう一度ComputerアイコンをダブルクリックするとBrowser Windowが表示されるようになります。

topへ


共有フォルダの作成

WMware playerだとシームレスにフォルダのコピーができるのですが、当然ディスク容量は消費します。 元々同じPCなのに同じデータが2つあるのは勿体ないです。 そこでWindowsのデータをVMware経由でCentOSでも共有できるようにします。

VMwareの起動画面からCentOSを選択し、仮想マシン設定の編集を選択します。

オプションタブを選択し、共有フォルダを選択し、常に有効をONにし、追加ボタンを押します。

次へを押します。

ホストパスを選択し、名前を設定し、次へを押します。

完了ボタンを押します。

OKボタンを押します。

CentOSを起動します。

/mnt/hgfsにshareフォルダが出現する。

topへ