各社の脳磁計

NeuromagのDewar上の仮想脳磁計
NeuromagはDewar平面に仮想の304chのmagnetometerを設定し、等磁場線図を書いています。

Neuromag社製 Neuromag-122
接平面方向の平面型gradiometer122chで構成されています。

Neuromag社製 VectorView
接平面方向の平面型gradiometer 204chとmagnetometer 102chで構成されています。

横河電機社製 PQ1160C
法線方向の軸型gradiometer 160chで構成されています。 PQ云々は設置場所によって名前が変わるみたいです。コイルの位置は施設によって異なります。

煩雑なので脳表側のコイルだけ表示させました。

同型の脳磁計です。コイル位置が異なっています。

横河電機社製 PQ1400R
法線方向の軸型radiometer 210chと法線方向の平面型gradiometer 190chで構成されています。

煩雑なので脳表側のコイルだけ表示させました。

BTi社製 Magnes 2500WH
magnetometer 148chで構成されています。広大病院はNeuromagのVectorViewとBTiのMagnesのうち、前者を選びました。

CTF社製 Omega
法線方向の軸型gradiometer 151chで構成されています。

煩雑なので脳表側のコイルだけ表示させました。

CTF社製 Omega 2000
法線方向の軸型gradiometer 275chで構成されている筈なんですが、1ch不良のようです。

煩雑なので脳表側のコイルだけ表示させました。