はじめに

Statistical Parametric Mapping (SPM) はfMRI、SPECT、PETなどではよく用いられている脳機能統計解析ツールです。 このSPMは米国MathWorks社製信号処理ソフトMATLAB上で動作するフリーのソフトで、 各被験者の脳を標準脳に変換することで、各被験者間のデータを標準脳におけるデータとして統計検定するときに用いられます。 SPMが認識するデータは、Analyzeフォーマットという独特のフォーマットです。 そこで、医療画像ファイルであるDICOMファイルをAnalyzeフォーマットに変換する必要があります。 通常はフリーウェアであるMRIcroが用いられるようです。


脳磁図の結果もSPMにのせようと試みました。

MRIcroは
http://people.cas.sc.edu/rorden/mricro.html

からdownloadできます(URLが代わったみたいです)。

またSPMは
http://www.fil.ion.ucl.ac.uk/spm/

からdownloadできます。