MRIcroの連動機能

複数のMRIcroの座標を連動させることができます。 MRIcroを起動するとdefaultでYokeにcheckが入っています。

もう一つMRIcroを起動し、それぞれ、頭部MRI画像、頭皮なしMRI画像を読み込みます。

これでもう2つのMRIcroは座標が連動しているのですが、よくわからないので を押して線を出します。
線が黒いとわかりにくいので を押してredを選択します。

もう一つMRIcroを起動し、 を押して脳表画像はcortex、頭皮画像はsurfaceを選択します。 連動させて、適当にCutoff機能を使って切り出せば以下のような図になります。

マウスで任意のMRI画像上をクリックすれば、もう一つのMRIcroも連動して十字線が移動します。
Windows APIを利用して、マウスの座標位置が制御できれば簡易版ニューロナビゲーションができそうです。