等価電流双極子推定3

双極子の数を6つとしてGenetic Algorithmで解いたところです。

動画化してみました。BESAの双極子の雰囲気はこんな感じです。

調子にのって双極子の数を99としてGenetic Algorithmで解きました。

templateに重ねると下図のようになります。

双極子の数がなんか少ないと思ったら、双極子の数は最大値?60に制限されていました。

生理学的に意味があるかどうかはわかりません。一応、動画化しました。

尚、脳の外、脳深部に推定された双極子は省いてあります。

因みにSource Modellingで10〜300msec、1msec刻みで双極子4個以上で推定しようとすると

と表示され解析できませんでした。
Source Modellingで双極子3個、位置向き固定で解いたものを動画化しました。


Source Modellingでセンサーを頭頂部、右側頭部、左側頭部の3群に分け、単一双極子推定したものを動画化しました。
GOF>80%, Confidence Volume<100mm3のみを表示しています。


なにがなんだかわからなくなります。こういうときは原点に返って等磁場線図を眺めます。

0-300msec等磁場線図(GIF 2,211kB)
or (MPEG1 2.087kB)
素直に見れば、電流源の位置・向きは時間とともに変化しているような気がします。